AutoCAD Mechanicalとは

AutoCAD Mechanicalは、AutoCADに機械設計専用の機能を追加した2次元CADです。

Mechanicalの前にまずはAutoCAD

AutoCAD Mechanical(オートキャド メカニカル)の説明をする前に、まずはAutoCAD(オートキャド)について知っていただく必要があります。

AutoCADは、言わずと知れた世界シェアNo.1のCADです。
現在は、3次元機能も搭載されております。
廉価版のAutoCAD LTは、3次元機能は搭載されておらず、2次元のみの機能となります。

AutoCAD 2018

ものづくりの仕事の中で、取引先や協力企業との図面データの受け渡しは欠かすことができません。
今では、AutoCADのデータ形式であるDWGファイルが世界中で流通しています。
最近では、DWGファイルでの保存や読み込みを行うことができるAutoCAD以外のCADも増えてきました。

AutoCADには、図面を作成するための、「線を引く・伸ばす・切る」などの、一般的な機能が搭載されています。

これらの機能は、建設・建築・土木・機械・電気などの幅広い分野で使用できるように設計されています。

AutoCADでは機械設計に不十分?

上記のように、AutoCADは、幅広い分野で使用できるように設計されておりますので、機械設計に必要な、次の機能が含まれていません。

  • 記号類(仕上げ記号、幾何公差、データム、溶接)
  • ボルト、ナット、鋼材などの機械部品
  • 穴(タップ、ざぐり、皿穴など)
  • 部品表と関連した風船(バルーン)
  • はめあい公差
  • 計算・解析機能

AutoCADをカスタマイズしたり、部品ライブラリを構築すれば、上記のようなこともできます。
しかし、それでは使い始めるまでに多大な時間がかかってしまいます。

他の機械系CADからAutoCADへ乗り換えをご検討の方には、AutoCADよりも、AutoCAD Mechanicalをお勧めします。
既にAutoCADを使いやすくカスタマイズして使用されている方は、あまり恩恵が受けられないかもしれません。
そのような方には、3DCADのAutodesk Inventorをお勧めします。

機械設計機能を追加したAutoCAD

AutoCAD Mechanicalは、AutoCADに記号や部品などの機械設計に必要な機能を追加した、機械設計用の2次元CADです。

AutoCAD Mechanical 2018

AutoCADで機械製図を行うのに比べて大幅にクリック数を減らし、設計・製図にかかる時間を短縮することができます。
また、基盤がAutoCADですので、AutoCADで作成したDWGファイルを開くことができます。
AutoCAD Mechanicalで作成したDWGも、AutoCADで読み込むことができます。