画層の非表示とフリーズの違い


AutoCADやAutoCAD Mechanicalでは、画層の「非表示」と「フリーズ」が存在します。
この2つは適用すると、どちらもその画層内の線は見えなくなります。

似たような機能ですが、この2つには明確な違いがあります。

非表示とフリーズの違い

非表示はその名の通り、見えなくするだけの機能です。
フリーズはその線の情報などを消します。
その結果見えなくなります。

画層は、よくトレーシングペーパーに例えて説明されます。
今回はそれを用いて非表示、フリーズについて説明したいと思います。

非表示は選択画層の上に一枚不透明の紙を挟み込む形です。
紙(情報)は残っている状態です。

フリーズは選択画層を抜き取る形です。
紙(情報)が抜き取られているので、軽くなります。

ではこれらをいったいどのように使い分ければいいのでしょうか。

非表示は、見づらくて作業しづらい場合に使用します。
フリーズはたくさん情報がありすぎて、パソコンの処理がもたつくときに使用します。

再作図をした場合

  • 非表示
    表示されていないが再作図の処理が行われます。
  • フリーズ
    再作図の処理が行われません。

また、画面移動や拡大/縮小でも、フリーズは処理が行われないため、軽く動作します。

Ctrl+Aやクイック選択でオブジェクトを選択した場合

  • 非表示
    選択されます。
  • フリーズ
    選択されません。

1つの画層に大量のオブジェクトが存在する場合

  • 非表示
    表示・非表示の切り替えは比較的早い
  • フリーズ
    非表示よりは遅い

今話題のFUSION 360

FUSION 360では、Inventorに迫る3DCAD機能、2D製図、構造解析、CAM、レンダリング画像作成まで行うことができます。
※学生・教員の皆様は 3 年間無償でご利用いただけます。