複数の寸法、パワーディメンジョンを利用した寸法の記入方法


複数の寸法を実行すると、座標寸法や直列寸法、並列寸法を一括して記入することができます。
その他、180度を超える角度寸法の記入方法、寸法の結合、寸法の寸法を一括して編集する方法をご紹介します。
パワーディメンジョンでは、様々な種類の寸法を記入することができます。
AutoCADの寸法記入コマンドとは違い、図枠に設定した尺度に適した文字高さで寸法が記入されます。

  1. 練習問題-26.dwgを開きます。
    練習問題-26.dwgダウンロード(2010形式)

  2. 部品Aに座標寸法を記入します。
    (複数の寸法)    エイリアス:dau
    【座標寸法】タブ→【OK】→オブジェクトを選択→右クリックEnter→基点指定→寸法位置を指定
  3. 不要な寸法を削除します。
    (削除)  エイリアス:per
    不要な寸法をクリック→右クリック

  4. 角度寸法を記入します。

    (角度寸法記入)
    右クリックEnter角度の頂点を指定→線の右端点指定→線②の左下端点指定寸法位置指定

  5. 対称度を指定した下図の寸法を記入します。

    (パワーディメンジョン)
    中心線指定→③を指定→寸法位置指定→空いた所をクリック→【Esc】→寸法線選択→右クリック→パワーディメンジョン→対称度→【Esc】

  6. 半シャフトの寸法を記入します。
    (複数の寸法)
    【シャフト/対称軸】タブ→【半シャフト】にチェック→【OK】→線④・⑤を選択→右クリックEnter→中心線の端点選択→寸法配置位置をクリック→【Esc】

  7. 部品Cに直列寸法を記入します。
    コマンド繰り返し→【平行】タブ→タイプ直列寸法→【OK】→オブジェクトを選択→右クリックEnter→起点を選択→寸法配置位置をクリック→【Esc】

  8. 寸法を結合します。

    (寸法結合)
    基準寸法選択(先ほどの直接寸法のどれか)→結合する寸法選択→右クリック(確定)


    【寸法編集】ツールバーを出しましょう。
    右クリック→【Mechanical】→【寸法編集】

  9. 寸法値33.61を85 に変更し、60.01 を95 に変更します。
    寸法をダブルクリック→数値入力

  10. 部品Dに引き出し線の直径寸法を記入します。

    (パワーディメンジョン)
    右クリックEnter→円を選択→寸法位置をクリック

  11. 寸法線を描画して直径寸法を記入します。
    右クリックEnter(パワーディメンジョン繰り返し)→円を選択→右クリックオプション→以下の設定にし【OK】→寸法位置をクリック→空いている所をクリック

  12. 半径寸法を記入します。
    右クリックEnter(パワーディメンジョン繰り返し)→円を選択→右クリック「半径」→寸法位置をクリック→空いた所をクリック

  13. 長さ寸法を記入します。
    右クリックEnter(パワーディメンジョン繰り返し)→円を選択→右クリック「長さ寸法」→寸法位置をクリック→空いた所をクリック

  14. 部品Eの垂直寸法に一度の操作でφを付加します。
    (マルチエディット)
    寸法を全て選択→右クリック(確定)→寸法の前にカーソルをあわせる→記号一覧から「φ」を選択

    左側に自動寸法記入を使用して寸法を記入します。
    (複数の寸法)
    【シャフト/ 対称軸】タブ→【半シャフト】のチェックオフ→【OK】→図を囲む→
    右クリックEnter→中心線選択(水平線)→寸法位置をクリック
    (削除)
    不要な寸法選択→右クリック(確定)
  15. 円弧長寸法を記入します。
    (パワーディメンジョン)
    右クリックEnter→円弧選択→右クリック「弧長」→寸法位置をクリック

  16. 折り曲げ寸法を記入します。
    (折り曲げ)
    円弧選択→中心位置(寸法線の始点)クリック→寸法線の位置クリック→折り曲げ位置クリック

操作方法紹介動画






今話題のFUSION 360

FUSION 360では、Inventorに迫る3DCAD機能、2D製図、構造解析、CAM、レンダリング画像作成まで行うことができます。
※学生・教員の皆様は 3 年間無償でご利用いただけます。