隠線処理コマンドでブロックを隠線にする方法


AutoCAD Mechanicalの特徴的な機能、隠線処理コマンドの使用方法をご紹介します。
隠線処理を行うと、後ろにある図形は自動的に隠線に変更されます。
隠線処理後は、オブジェクトを移動しても隠線が追従します。

  1.  練習問題-37.dwgを開きます。
    練習問題-37.dwgダウンロード(ACM2010形式)

  2. 移動コマンド等を利用し、各部品を組み立てます。

  3. 隠線処理をしましょう。
    まず、部品EとBを前景とした隠線処理をします。
    (隠線処理)
    前景部品 EとBを選択し確定します。(ダイアログの【OK】はまだ押さないでください。)

     

  4. 続けてレベル2には部品Aのみにします。
    【C】を選択→(除去)→【D】を選択→→・・・

  5. 続けてレベル3に部品CとDを追加します。
    (新規レベル)→ (オブジェクトを指定)→部品CとDを選択し確定→【OK】

  6. 部品Bの下部を10mm伸ばします。
    隠線も更新されます。

操作方法紹介動画

今話題のFUSION 360

FUSION 360では、Inventorに迫る3DCAD機能、2D製図、構造解析、CAM、レンダリング画像作成まで行うことができます。
※学生・教員の皆様は 3 年間無償でご利用いただけます。