DWG図面をDXFに一括変換する方法


AutoCAD Mechanicalで、DWGをDXFに一括変換したいときの操作方法をご紹介します。
AutoCADではできませんが、AutoCAD Mechanicalでは、「スクリプトジェネレータ」を利用して、一括でDXFに変換することができます。

  1. DXFに変換したいフォルダを1つのフォルダにコピーしておいてください。
    今回は、「C:\練習図面」に変換図面が入っているものとします。
    C:練習図面ダウンロード
  2. 「ツール」→「スクリプト」→「スクリプトジェネレータ」を実行します。

    ツール等のメニューバーが表示されていない場合は、クイックアクセスツールバー右端の▼ボタンをクリックし、「メニューバーを表示」でメニューバーを表示してください。

  3. 「参照」ボタンをクリックします。

  4. 変換したい図面が入ったフォルダを選択し、フォルダの中から図面を1つだけ選択し、「開く」をクリックします。

  5. 画面右上に、フォルダ内の図面が表示されます。
    「すべて追加」をクリックして、変換候補に追加します。

  6. 「選択した関数」欄で、「DXFOUT DXFファイルの作成」を選択します。

  7. 「OK」をクリックします。

  8. スクリプトファイルを作成する場所を指定し、「保存」をクリックします。(任意の場所で構いません)
    ここでは、C:\練習図面を選択しています。

  9. スクリプトが自動生成されます。実行の確認画面が表示されるので、「はい」をクリックします。

  10. 実行プログラムが、自動で図面を開き、DXFに変換していきます。
    指定したフォルダに、DWGと同名のDXFが作成されます。
    「script.scr」というスクリプトファイルが作成されますが、削除しても問題ありません。

変換するDXFのバージョンを変更する方法

  1. 下記フォルダの「dxfout.lsp」のバックアップを取ります。(その場でコピーして貼り付けてください)
    ・AutoCAD Mechanical 2010以上で、Windows Vista・7の場合
    C:\ユーザー\パブリック\パブリックのドキュメント
    \Autodesk\AutoCAD Mechanical 201X\ACADM\Gen\Scr
  2. 「lsp」をメモ帳などで開きます。
  3. 下記箇所を変更します。
    (command “_.dxfout” fname “”)

    AutoCAD 2010形式の場合   (command “_.dxfout” fname “v” “2010” “”)
    AutoCAD 2007形式の場合   (command “_.dxfout” fname “v” “2007” “”)
    AutoCAD 2004形式の場合   (command “_.dxfout” fname “v” “2004” “”)
    AutoCAD 2000形式の場合   (command “_.dxfout” fname “v” “2000” “”)
    AutoCAD R12形式の場合    (command “_.dxfout” fname “v” “R12” “”)
    ※お手持ちのAutoCAD Mechanicalから書き出すことのできないバージョンは変換できません。
    例:AutoCAD Mechanical2009を使用している場合、2010形式での変換はできません。

  4. 変更後、上書き保存します。

春の "イコウ" キャンペーン【2018年4月20日まで】

古いAutoCAD製品をお持ちの方は最大で25%お得になります。
サイバーエースからのご注文でさらにお得に!