AutoCADがエラー等表示されず、すぐ落ちる(すぐ消える)


AutoCADやAutoCAD Mechanical起動時に、AutoCADのロゴ画面が表示され、すぐに消えてしまう場合の対処方法をご紹介します。

トラブル状況

AutoCADやAutoCAD Mechanicalを起動すると、AutoCADのロゴ画面が表示され、すぐに消えてしまいます。
エラーメッセージ等は一切表示されません。

先日の記事と似ていますが、フリーズするわけではなく、AutoCADのロゴがパッと表示されてパッと消えてしまう感じです。
AutoCADが起動してくることはありません・・・。

Inventorが共存している場合、Inventorでも同様の現象が起こる場合があります。

ちなみにこの現象に陥ると、ライセンス転送ユーティリティも起動できません。

AutoCADやAutoCAD Mechanical、Inventorの2010、2011、2012、2013でこの現象が起こるようです。

※下記解決方法は、ライセンスに関する深い箇所をいじりますので、自己責任でお願いします。

解決方法

スタンドアロンライセンスの場合

次のファイルに拡張子「.bak」等をファイル名の最後に加えて、ファイルの名前を付けなおしてください。

Windows XPの場合
C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\FLEXnet\adskflex_*_tsf.data

Windows Vista / Windows 7の場合
C:\ProgramData\FLEXnet\adskflex_*_tsf.data

*のところには任意の文字列が入ります。
例:adskflex_00691b00_tsf.data を adskflex_00691b00_tsf.data.bak に変更する

※ファイルの名前を編集、削除した場合は、お使いの全製品を再度登録していただく必要があります。

AutoCADを起動すると、アクティベーションの画面が表示されます。
アクティベーションを行ってください。
アクティベーションができない場合は、サイバーエースまでお問い合わせください。
0544-29-7654

先日はこの方法でも直らず、困り果てて、「C:\ProgramData\FLEX​net」内のファイルを他のフォルダにすべて移動したところ、再度アクティベーションの画面が表示されるようになりました。

ネットワークライセンスの場合

下記のファイルを削除して頂く必要があります。

CascadeInfo.cas.

ファイルの格納場所
Windows XPの場合
C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\Autodesk\ADLM

Windows Vista / Windows 7の場合
C:\ProgramData\Autodesk\ADLM

AutoCADを再起動すると、このファイルが再び作成されます。

今話題のFUSION 360

FUSION 360では、Inventorに迫る3DCAD機能、2D製図、構造解析、CAM、レンダリング画像作成まで行うことができます。
※学生・教員の皆様は 3 年間無償でご利用いただけます。